結婚相談所を比較する際の注意点

結婚相談所といってもさまざまな相談所があります。 結婚相談所に登録したいと思ったときに、 比較の仕方・探し方について判断するポイントがあります。

結婚相談所の基本的な情報を確認

結婚相談所を判断する最初のポイントは、 ホームページなど基本的な情報があるかどうかです。 結婚相談所に限らないことですが、 基本的な情報が載せれないところのサービスを受けるには、 やはり不安があると思います。 次のような会社の情報は、まず最初にチェックしたほうがよいでしょう。

  • 運営会社名が記載されているか
  • 住所の記載があるか
  • 電話番号が固定電話か

誇大な広告・表現に注意

インターネットで結婚相談所を探すと、 結婚相談所のホームページはもちろん、 結婚相談所の比較サイトや口コミ評判サイトなど、 さまざまな情報にあふれています。

結婚相談所のホームページには、 利用実績を紹介していることがありますが、 公開された成婚者からの「お便り」や「カップルの写真」や、 「○か月でご成婚されました!」「成婚者が続出です!」などが 掲載されている場合もあると思います。 しかし、あまりにも過剰すぎる情報や大げさな表現には慎重な判断が必要かもしれません。

結婚相談所の比較サイトや口コミ評判サイトにも注意が必要です。 そのようなサイトを自ら作成し、 あたかも第三者を装った形で自らの結婚相談所を高く評価したり、 広告料を支払い高い評価をさせたりします。

もちろん、このような比較・口コミサイトからでは、 正しい結婚相談所の評価や情報は得られる事は少ないでしょう。 しかも広告と知らず見た方を欺いている点で悪質です。 このようなサイトの場合、 自身の結婚相談所ホームページへ誘導するためのリンクを多数貼っていますので、 注意した方がいいでしょう。

結婚相談所の金額

高額な入会金や月会費の料金を払ったからといって、 見た目のいい人が多かったり、高学歴や高収入の結婚相手が 必ず結婚相手が見つかるとは限りません。

大きく分けて結婚相談所の料金体系には、 入会時の初期費用や月会費・サポート料がわりと高額で、成婚料の設定がない会社と、 お相手が決まるまでに係る費用は抑えてある代わりに成功報酬的な成婚料が必要な相談所に分かれます。 前者の場合は、大手の会社が行なっているサービスが多く、 婚活アドバイザーのサポートがあまりない場合が多いです。 そして、お相手が見つからなかった場合に金銭的な負担は大きくなります。

後者の場合には、小さい結婚相談所が多く、結婚相談サービスの連盟や協会に加盟し、 同じ連盟や協会同士で同じお相手検索システムを共有しています。 そして、成婚料の設定があるため、 婚活アドバイザーが親身に対応してくれる結婚相談所が比較的に多いです。

成婚率の計算

成婚率といえば成婚者数÷総利用者数と思うかもしれませんが、 全国の結婚相談所で統一されている定義や計算式はなく、 結婚相談所によってさまざまな計算方法があるのが現状です。

公的な機関が発表している数字ではないので公平な比較対象が難しいです。 特に、定義や計算式(計算根拠である分子と分母の意味)が記載されていない 「成婚率○○%」は注意が必要です。

  • 無料結婚相談の予約
  • 結婚相談のお問い合わせ
  • 1ヶ月結婚相談無料プラン
  • おためし無料マッチング
無料で気軽に婚活できる1ヶ月お試しプラン 婚活の理想のお相手プロフィールをメールでご紹介。 出会いが広がる婚活ティーパーティー。参加費は3,500円
トップへ戻る